このページに掲載されているトークは、iOSDC Japan 2017のトーク募集への応募です。
採択され、iOSDC Japan 2017で聞くことができるトークには[採択]マークが表示されています。

Auto Layoutのアルゴリズム 30分 or 15分

稲見 泰宏 (@inamiy)

iOS 6から登場したAuto Layoutは、マルチデバイス・可変レイアウト対応が必要な現在のiOS開発において、無くてはならないものになりました。
しかしその裏側で、一体どんな仕組みでレイアウト計算が行われているのか、ご存知ですか?
このプレゼンでは、Appleのブラックボックスの中身を数学的手法で紐解いていくとともに、
Auto Layoutを再発明する上での型安全な設計のテクニックを紹介します。

AR Measureが話題になってるけど? 5分(LT)

Matarai Kaoru (@mcz9mm)

(LTの詳細は非公開です)

Core Dataが好きになれるOSS 30分 or 15分

John Estropia (@JohnEstropia)

https://github.com/JohnEstropia/CoreStore について話します。
- Appleが提供しているCore DataはORMで一番パワフルなのに皆に嫌われる課題について
- CoreStoreの型安全なDSL、Transaction仕組み、データインポート、iOS開発に役に立つ様々な機能
- ライブラリを作った3年前から、今後CoreStoreのWhat's Nextについて

Fun with Swift 4 KeyPaths 5分(LT)

John Estropia (@JohnEstropia)

(LTの詳細は非公開です)

Pokemon GO個体値計算アプリを作って学んだこと 15分

John Estropia (@JohnEstropia)

PokeRaterという画像自動認識+個体値計算アプリを開発して学んだことについて共有します。
・アプリ軽く紹介
・画像認識について
・エンジニアでもデザインを考えてしまった話
・データマイグレーションの戦い
・AppStoreレーティングについて

モダンなイニシャライザ 15分

星野恵瑠 (@lovee)

今まで我々はどういう風にインスタンスを生成してきたか。とりあえず何かしらのイニシャライザで生成して、生成したインスタンスを色々設定してるんじゃないか。面倒だし、インスタンスが増えると typo で違うインスタンスを設定してしまうリスクだってあります。このトークは 自作フレームワーク NotAutoLayout に導入した Targeted Extension と Chained Method を融合したメイカーメソッドでこれらの問題の解決についてお話しします。

バージョンアップ対応を軽減させるサービス「マスティフ」について 15分 or 30分

平田 敏之 (@tarappo)

iOSアプリ開発では、Xcodeやライブラリのバージョンアップに対応する必要があります。この手の対応は、放置されがちですが対応必須なことが多く時限爆弾だったりします。

そこで、私たちはバージョンアップ対応を軽減させるサービスを開発しています。これは、リリースを検知し新バージョンで動作チェックをします。また利用不可のバージョンやバージョンアップ対応が必要かの情報も管理しており、各バージョンの情報が分かります。

本トークでは、本サービスの紹介と今後の展開についての話をします。

UIテストの実行時間の短縮に挑戦する 5分(LT)

細沼 祐介 (@tobi462)

(LTの詳細は非公開です)

2017年におけるiOSアプリ開発のCI事情 5分(LT)

平田 敏之 (@tarappo)

(LTの詳細は非公開です)

エンジニアリングはエンジニアのためにあるのか 5分(LT)

Nasteng

(LTの詳細は非公開です)