このページに掲載されているトークは、iOSDC Japan 2017のトーク募集への応募です。
採択され、iOSDC Japan 2017で聞くことができるトークには[採択]マークが表示されています。

Open APIを使ったWeb API連携iOSアプリ開発 15分 or 30分

kfurue (@kfurue)

Open APIを使ってWeb API仕様を作成しそこからスタブサーバー、クライアント向け実装コードを自動生成するまでの流れを実例を交えてご紹介します。
iOSアプリ開発でサーバーとのやりとりはほぼ必須。いろんなフォーマットのWeb API 仕様書を渡されて使いづらいと感じる場面も多いと思います。
「Web API設計完了と同時にスタブサーバーができればな」「Web API仕様書からiOSアプリの実装自動生成できないかな」
Open API を使えば上記が全て可能です。

Open APIを使ったWeb API連携iOSアプリ開発 5分(LT)

kfurue (@kfurue)

(LTの詳細は非公開です)

子育てエンジニアの家庭内生存戦略 5分(LT)

玉井 秀明 (@tamadon3776)

(LTの詳細は非公開です)

Swift 4.0 対応しようとしたら大変な目に遭った話 15分

星野恵瑠 (@lovee)

Swift 2 対応や Swift 3 対応の時と比べると、Swift 4 対応は破壊的変更がことんどないためだいぶ楽になった。そのはずだが、いざやり始めたら設計が古いだのライブラリー依存だので Swift 3 対応の時以上に大変な目に遭った、そんなエモくて、少々コーディングな話をします。

SwiftでShift_JISをデコードする 5分(LT)

えんどう (@re___you)

(LTの詳細は非公開です)

Testable iOS Apps 30分 or 15分

つかだ (@akitsukada)

■ 概要
皆様、iOSアプリのテストはしているでしょうか?
どのようなテストでしょうか?自動化はしているでしょうか?
どのようなテストがよいテストなのでしょうか?

このトークでは、テストしやすいiOSアプリの具体的な書き方と、iOSアプリにおけるテストの種類、およびそれぞれの実施方法について掘り下げます。
「テスト可能なiOSアプリ」について考えましょう!

■対象者
・アプリの品質向上に手こずっている方
・テストの工数と質に悩んでいる方
・自動化の方法に悩んでいる方

チーム開発で気を付ける5つのこと 5分(LT)

kurikazu (@kurikazu)

(LTの詳細は非公開です)

詳解Objective-C 15分

bannzai (@yhirose741)

iOSが生まれて10年になりますが、Swiftが登場するまでiOSアプリの主要言語はObjective-Cでした。
最近では、SwiftでiOS開発をしている方が多いのではないでしょうか?
しかし、そろそろコンパイラに型を守られる生活をしていると刺激が足りなくなってきた、またObjective-C触ったことがないといった方もいらっしゃると思います。
そんな訳で今回はあえてObjective-Cの機能・魅力・ネタについて余すことなく詳解しようと思います

iPadをサブディスプレイにする実装に挑戦してみよう 30分

石川諒 (@rinov0321)

普段耳にしないFramework、ライブラリを屈指して元Appleエンジニアが作成したと言われるDuet DisplayのようなiPhone/iPadのサブディスプレイ化アプリの実装とデモをお話しする予定です。非日常なSwiftを体験することができます。

iOSアプリエンジニアのためのCocoa Appコトハジメ (iOSDC駆動開発) 15分 or 30分

Yutaro Muta (@yutailang0119)

日夜iOSアプリを作る我々は、iOSと同じくらいmacOSに触れているはずにも関わらず、Cocoaフレームワークは敬遠されがちです。かくいう私もやるやる詐欺で手付かずでしたが、今回のiOSDC駆動開発でAPIクライアントアプリを作ってみました。【絶賛作成中!!!】このトークでは、取り組んでみてわかったiOSとの違いと共通点の共有、実際にしてしまった勘違いや躓きポイントを赤裸々にお話し、皆さんがCocoaフレームワークと仲良くなるきっかけになればと思っています。